サイトイメージ

薬剤師は年収アップ可能?

薬剤師になってからの平均年収というのは、大学の薬学部の難易度や、学費に比べるとそれほど高いとはいえませんね。40代後半の一番年収の高い時点における平均年収が800万円弱というところですので、平均的なサラリーマンよりも多少は高いといったところでしょう。年収は40代で頭打ちですね。それを考えると、順調に昇給してくる公務員への転職は魅力的かもしれません。

薬剤師の活躍する局面は、国の機関や自治体の機関でも数多く存在しています。特に自治体の水道局などは、化学、衛生などの知識を持つ薬剤師が必要とされます。この水道に関しては、自治体においては特に官民連携で積極的にビジネス化を進めている分野でもあり、民間の経験もある人材が活躍できる局面も多いでしょう。また、ビジネスとしても日本国内だけではなく、海外における上下水道などを含めた水ビジネスが展開されています。

この、水ビジネスの分野は2025年には世界では100兆円市場となるといわれ、日本の新成長戦略の中の柱の一つされているものです。自治体においても、非常に力の入れられている分野です。

公務員がかかわる仕事の中にも、安定だけではなく、このように夢のある仕事もあります。当然、成功によって年収などの面で得られるものも大きくなる可能性もあります。そもそも民間の頭打ち気味な年収を考えると、公務員への転職という選択は一つの選択として大いにあり得る選択であると思います。

薬剤師からの転職


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く