サイトイメージ

市役所職員になる

記事一覧
  • 試験日程は市役所別
  • 採用募集のチャンス
  • 市役所試験の難易度
  • 試験日程は市役所別

    市役所上級の試験日程は各自治体、年度によって異なりますが、第一次試験の試験日程を大きく次の3つのパターンにくくることができます。

    A日程、このタイプは、地方上級試験と同じ日程で実施され、問題もほぼ同じような問題が出題されます。実施される月は6月下旬(4週)に行われます。比較的規模の大きい市役所などがこのタイプの試験日程で実施しています。
    B日程、このタイプは、7月下旬に実施されます。全国的に幅広くこのタイプで実施しているところが見受けられます。
    Cタイプ、このタイプは、9月下旬に実施されます。全国的に見た場合、大部分がこのタイプの試験日程で行われている傾向があります。また、高校卒業程度の学力レベルを問う市役所初級の第一次日程も同じく9月下旬に行われます。

    上記の試験日程はあくまで例年の参考で、市や年度によって様々です。公告日や申込受付日など市役所のホームページをチェックしたほうがいいでしょう。市役所の場合、職種は一般事務と若干名の技術職募集です。
    特に技術職の場合は、欠員がでた時に応募するなど定期的に募集しているというわけではありま ・・・

    試験日程は市役所別 の続きを読む

    採用募集のチャンス

    市役所職員の採用募集は、それぞれの市役所のホームページなどで公開されます。
    採用募集は毎年行っているわけではありませんので、期待して採用情報を待っていても一向に募集されない場合もあります。
    公務員も不景気のあおりを受けて人件費削減の傾向が出ています。そのため、毎年採用している市役所が急に募集しなくなる時がありますので、自分の地元で働きたいと思ってひとつに絞っていると笑えない状態になります。公務員の試験は無料で併願ができるので第一志望、第二志望、第三志望といくつか受けておいたほうがいいでしょう。

    募集する職種の多くは一般事務職で、そのほかには一部の技術者(土木・建築)を募集します。規模が小さければ小さいほど募集も少なく毎年の採用を行わないところもあります。特に町村の場合は少ないので注意が必要です。反対に大規模で、政令都市のよ ・・・

    採用募集のチャンス の続きを読む

    市役所試験の難易度

    難易度は、自分が目指している分野が自分の学力に合ったものかを計る為に重要になるのですが、市役所によって、上級、中級、初級などの区分が同一ではありません。また出題内容も大きく異なる為、絶対的な難易度をいうことはできません。

    一般的に市役所職員になるための試験として、市役所上級試験と初級試験の二つがあります。難易度は、上級試験の方が高く、大学卒業程度の学力レベルが問われます。一方、市役所初級試験の難易度は、上級試験と比べると低く、高卒程度の学力程度が問われます。
    しかし、前述したように、市によっては上級だけの試験を行うところもあれば、初級だけの試験を行うところもあります。さらに上級、初級の学歴区分を設けずにひとつの試験を実施するところもありますので難易度は一概にはいえません。

    市役所試験のA日程(6月下旬に一次試験)は、地方上級試験と同一日に行われます。出題される問題はほぼ同一問題なので難しい傾向がありますが、人数的に見ると試験日が重なるという事はそれだけ同じところを募集する人が減るという事でもありま ・・・

    市役所試験の難易度 の続きを読む


    公務員転職お勧めサイト

    イメージ

    ランキング1位 スカウト機能が充実
    リクナビNEXTはお勧めNO1
    リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
    実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

    ⇒詳しい説明を読む
    ⇒リクナビNEXTのHPに行く