サイトイメージ

転職活動の失敗成功の分かれ目

民間企業から公務員を目指す人が多くなっています。
長引く不況、経済活動の低迷によって、自分の将来に不安を感じ、自分から転職活動を始める30代の人が多くなっているというデーターもあります。この点、自分の都合関係なしにリストラに追い込まれるケースの多い40代以上の世代とはケースが少し異なります。

活動を行っている人の中には、公務員を志望先に選択している人もいます。確かに民間の不況によって、社会人からの受け入れを増やすため年齢制限の撤廃などを行っています。また、国や自治体なども民間からのノウハウを吸収することで、組織を改革していこうという活動の方向性を打ち出していますので、民間で優れた知識、職能を持った人は、公務員への転職も可能性は大いにあると思います。

ただし、民間企業がなんとなくいやだ。コストや売上などんノルマに追い回されるのは民間企業で公務員になればそんなことはないとはないと考えているのなら、それは失敗の元になります。そもそも公務員でもコスト意識の高さを求められる時代であって、不適格な公務員は決して安泰ではありません。そもそも、そんなつもりで活動をするというのでは成功するはずがないでしょう。

転職を考えるならば、公務員の側がなぜ自分たちが育てた人材ではなく、民間から人材を欲しがるのかという点をよく考えていく必要があるでしょう。この部分を理解しているかどうかが、転職の成功と失敗の分かれ目だとも言えます。

失敗理由を考える


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く