サイトイメージ

採用試験の2パターン

記事一覧
  • 地方公務員試験の場合
  • 社会人採用試験の場合
  • 地方公務員試験の場合

    地方公務委員への転職を考えた場合には、まず試験の対策をどうするかという問題があります。よく地方公務員は、地縁、血縁の紹介によって採用が決まってしまい、試験なんて重視されてないというような話も聞きます。
    実際に2008年には大分県の教員採用試験で、 ・・・

    地方公務員試験の場合 の続きを読む

    社会人採用試験の場合

    リーマンショック以降、経済の低迷が続き、上向いたと思ったら東日本大震災ということで、転職を含めた雇用情勢は非常に厳しくなっています。
    しかし、このことが逆に民間企業に勤務する社会人から公務員への転職の間口を広くしている面もあります。その一つが年齢制限の緩和です。現在の公務員への転職は、国家公務員の場合上限は33歳。地方公務員の年齢制限は、自治体によって異なりますが、平均して35歳前後が上限になっているといわれています。

    しかし、経済情勢の悪化と雇用情勢の悪化が、この年齢制限を緩和する方向へ動かす力となっています。実際に横浜市市川市など年齢制限を撤廃してしまったような自治体も存在します。また、民間企業に勤務していた社会人を対象とした、社会人採用を積極的に行う自治体でも出てきています。現在、長野県がその募集を行っている最中ですね。

    社会人採用に関しては、年齢制限ほとんどなく、即戦力の人材であれば採用するという姿勢の自治体が多いようです。
    ただし、それだけ期待される能力は大きなものとなりますので、もし転職が成功したとしても、公務員だから楽できるなどど思っていたら大間違いということになるかもしれません。社会人採用に関しては各自治体で独自に行っていますので、その内容や募集時期については、発表があった時点で、その自治体のサイトを確認するしかないでしょう。結構地味に発表しているようです。

    また、採用にあたっての試験についても、その内容はかなりレベルが高い物が要求されます。ちなみに2011年の長野県の社会人採用試験では、学科、面接、小論文が試験の内容となってます ・・・

    社会人採用試験の場合 の続きを読む


    公務員転職お勧めサイト

    イメージ

    ランキング1位 スカウト機能が充実
    リクナビNEXTはお勧めNO1
    リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
    実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

    ⇒詳しい説明を読む
    ⇒リクナビNEXTのHPに行く