サイトイメージ

社会人経験者採用試験

社会人経験者採用試験という試験があります。これは、民間に勤めた経験のある人を対象に実施される試験で、20歳後半から40歳程度までの人を採用対象者としています。
社会人経験者の採用枠を作ったのは、役所の内部では養成できない専門分野の知識を持つ人材を採用することで人材教育や、職場の活性化を生み出すことを期待して社会経験者の採用枠が作られました。
このような背景から、社会人経験者採用試験では、年齢上限がかなり高く設定される代わりに、社会人としての経験年数が問われます。自治体によって必要とする経験年数が異なるので一概には言えませんが、おおよそ5年程度の実務経験が必要となります。(沖縄県や岐阜県では7年以上、岩手県では10年以上の実務経験が必要)

受験者によっては、社会人経験にブランクがある(が空いている)期間があったり、正社員ではない期間があったりします。また、社会人経験者採用試験を実施する各自治体によっても必要とする年数のカウントの仕方が異なる可能性もあるので、もし受験しようとしているのであれば必ず一度あなたが希望する自治体に問い合わせをする必要があります

採用試験では即戦力が求められる傾向があるため、教養試験というよりも専門知識を問う問題を重視する傾向があります。そのため、筆記試験よりも資格の保有、キャリアなど、これまでの経験に自信があり、自治体で働きたいと希望している方は、採用試験にチャレンジされてみてはいかがでしょう。

社会人枠


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く