サイトイメージ

情報処理できるseは需要◎

今や、コンピューター(パソコン)はどのような職場にも入っており、デスクワークを行う場合には、パソコンやネットワーク無しに仕事が成立するということはないですね。お役所などでは予算の関係か、民間の会社よりも多少は遅れている面もありますが、情報を大量に扱う仕事ではパソコン、データベースの知識は必須です。そのような情報処理の知識を持っているSEは、公務員になっても働き場所は十分にあるでしょう。

私も情報処理・IT系の会社の在籍したことがありますが、民間に比べ、団体、公務員などはどうしてもパソコン関係に精通している人が限られています。中にはSEが舌をまくようなレベルの人もいますが、極少数ですね。もし、公務員への転職を考えているならば、まずは公務員試験の対策をしっかりと行うことでしょう。転職の場合は、どうしても学科にブランクがありますので、その部分の対策、面接の対策などをしっかり行うことです。

公務員側としても、民間の会社でバリバリやっていたSEというのは即戦力として非常に有用な人材であるとみてくれるでしょう。私の知り合いの場合、教員へ転職した人間もおりますが、現在は学校の現場でもパソコンは必須であり、情報処理の面でスキルをもっている人材は学校の中でも非常に有用な人材とみなされる場合が多いようです。

とりあえず、転職を考えるならば、まずSEとして本物であること。この業界はSEを名乗っていても、全くレベルの低い人たちもいます。最低限情報処理関係の資格を取得し、対外的もSEであるということを名乗れるレベルにあることが転職成功の秘訣でしょう。

SEの場合


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く