サイトイメージ

国家公務員転職後の年収

国家公務員への転職が成功した場合、その年収はどのようになるのでしょうか。
まず、仕事に就いた時点の年齢テーブルが適用されますが、一時的には民間でそれなりの年収を得ていた人に比べれば若干の低下はやもう得ないことでしょう。しかし、公務員の場合は、人事院勧告で決定される給与が大企業の平均をベースにしたものですので、中小企業などの年収が低い傾向にあるところから国家公務員への転職の場合には、年収ベースでも大きなアップになる可能性があります。

民間企業の雇用情勢の悪化、人件費圧縮の動きはかなり厳しく、特に中小になりますと、難関資格である社会保険労務士の資格所有者で、30歳代の人が年収350万円という例がありました。私の在籍していた会社に転職希望ということで、面接で話を聞いたのが、数年前です。本当に年収ベースではかなり低く抑えられているという現実があります。

また、民間企業では、裁量労働制を隠れ蓑にした残業代を払わないシステムを作っている会社もあります。民間企業といっても待遇は様々ですが、そもそも待遇になんらかの不満があるからこそ、仕事を変えようと考えるわけです。
そして国家公務員というものを視野に入れるということは、やはりそこに安定を求めているのだと思います。その安定には雇用の安定もありますし、収入の安定という面もあるでしょう。また、民間企業のように急に業績が悪化したため、給与がいきなり激減することや、ボーナスがなしになるということはありません。このような不況下では、年収ベースでも優位であるといえます。

年収は国家と地方で違う?


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く