サイトイメージ

給与は民間入社後の年数を考慮

民間の会社から公務員への転職をした場合、最初から公務員にいたら何年目になるのかという給与テーブルで計算をします。
これはある程度の年齢まで加算されますので、民間企業に入社5年目で公務員に転職して、公務員の給与が初任給と同じということはありません。このあたりの年齢テーブルの調整については、詳細な部分は随時変わっていく可能性もありますので、転職の際の待遇面がどうなるのか確認をしておくべきでしょう。

最近は民間の会社に正社員で入社すること自体がかなり難しくなっています。人にもよりますが、入社してまず転職を考えることが多いのは入社3年目くらいではないでしょうか。若い人の理由の多くは、会社が想像していたものと違っていて、自分のやりたいことが出来ない、また会社の将来や、自分がこのまま会社で仕事を続けていった場合の10年先、20年先の未来像が描けないという理由があるかと思います。

公務員へは一般の採用試験の場合年齢制限がありますので、決断を早くして入社年数が浅い段階でも思い切って転職を考えるという方法もありだと思います。ただし、その時に会社をやめて公務員試験の勉強を目指していくのか、それとも仕事をつづけながら勉強を行っていくのかは、そのときの状況次第だとは思います。

民間から公務員へを成功させた人のブログなども今はインターネットで多く見ることができますが、やはり入社年数の浅いうちに思い切ってチャンレンジしている人も多いようです。このような転職体験者のブログも貴重な情報源になるので、判断の参考にしてみるのがいいと思います。

入社何年目と考えた時


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く