サイトイメージ

面接時の回答例文

公務員試験には学科試験があり、この学科試験も難関ですが、その後に待っている面接も中々大変なものです。予備校に通って、努力したにも関わらず面接で落とされてしまっては泣くに泣けません。公務員採用試験における面接について考えて見ましょう。

まず、基本的に、面接の方法は民間企業の就職面接と同じことです。注意すべきポイントも同じことでしょう。
例えば公務員であろうと、民間企業であろうと、志望動機を聞かれるのは定番と考えていいでしょう。この時に、公務員という定型的なイメージだけで応答しているようでは、相手から切り替えされ言葉に詰まってしまっては、その時点でアウトでしょう。

まず、志望動機を聞かれた場合の回答の例文、面接官の切り返しの例文を考えておきましょう。
例えば、公務員を何故志望したのか?という質問に対し、「民間企業ではできない公的な貢献をしたい」と答えたとします。しかし、民間企業でも公的な貢献ができないわけではないですね。このように相手から見て、突っ込みどころがあるような回答をしないように、多角的に面接シナリオを練っておくことが肝心です。特に志望動機などは、一番重要な点ですので、ここで言葉に詰まったりしないようにしていきましょう。

基本的には、民間企業での就職試験で行われる圧迫面接の手法も公務員採用試験で行われます。このあたりの対応は民間も公務員も変わりはありません。切れたら負けは大原則です。

志望動機など面接対策


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く