サイトイメージ

自己PRの練習を民間で

民間から公務員への転職を目指す上場合は、どうしても学科試験に目が行きがちです。学科試験は比較的積み重ねの努力でなんとかできる部分があります。何をどう努力して何を覚えればいいのかというのは比較的明確ですね。

一方で面接というのは中々、努力の方向性が見えない物です。例えば志望動機を聞かれたり、自己PRをしたりするときに何を話すべきなのか、あらかじめ例文を用意して問答を想定しておくという準備は必要でしょう。しかし、この例文方式も万全ではありません。相手はプロの面接官であり、場数が全く勝負になりません。何も用意していないよりは、マシなのですが、100%とはいえませんね。それに、あまりにも事前の準備が完璧だと思い込んでしまうと、いざというときに臨機応変な対応が出来なくなる可能性もあります。

とにかく面接官の方はそれが仕事であり、面接のプロです。普通の自己PRや志望動機では、何かの言葉尻をつかまれて、そこから圧迫されていく可能性大です。このようなときに、どうやって上手く自己PRができるかというのは、やはり場数を踏んで、自己PRの場を多く経験するしかないでしょう。転職活動中であれば、民間企業などの就職面接も受けてみることでしょう。仮にそこに行く気がなくとも、断る理由は後からいくらでも考えられます。とにかく公務員の面接のための場数を踏むために、民間企業の就職面接を活用して実際に自己PRの場数を踏むのも一つの方法ではないかと思います。

志望動機など面接対策


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く