サイトイメージ

民間企業からの転職

民間企業から公務員に転職するにはどうすればいいのかという質問をネットでもよく見つけます。
まず、最近は民間企業の雇用情勢の悪化していること、そして自治体側でも民間企業で活躍していた人材のノウハウを組織内に取り入れることで、組織の風通しを良くしていこうという動きもあります。そのため、多くの自治体では社会人採用を行っています。

この社会人採用枠の採用試験を目指すこと。これが、公務員への転職が可能かどうかという質問に対する回答になるのではないでしょうか。ただし、この試験を受けるためには、その人が募集条件をクリアしているということが必要になります。国や自治体の組織としても、民間企業で経験を積み、公務員で育った人材にはないノウハウを持った人材が欲しいという面があるのです

民間企業から公務員へ社会人採用枠で受験する場合、年齢の制限という枠が無いことは大きな利点です。
長野県などは定年前の60歳未満であれば受験資格があります。公務員という職に就きたいという希望を持つ理由は、やはり安定感や充実した福利厚生などの理由があるでしょう。
ただ、そのように考え、転職を目指す人は多く存在しているのです。民間は過酷で自分は耐えられないけど、公務員は仕事が楽そうだし、待遇も充実しているからという理由では難しいと思います。公務員側が欲しい人材は、民間の厳しさに鍛えられた人材なのですから。そこから逃げてくるような考え方では成功は、難しいといえるでしょう。

民間企業の経験を活かす


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く