サイトイメージ

集団面接を行う自治体

集団面接を行う自治体もあります。個別面接が受験者ひとりに対して行われるものに対して、集団面接は受験者3〜5名程度(実施する自治体によって異なる)に対して行われます。
集団面接は、第一次試験合格者が多い時や、受験者数の多い自治体などで行われるケースがあり、そのような場合、第一次試験で教養試験などのテストを行った後に、第二次試験に集団面接で受験者数をさらに絞って、最終的に第三次試験で個別面接を行うというケースが一般的です。

複数の受験者に対して一斉に行われる為、個別とは異なる緊張感が集団面接にはあります。人によって自分ひとりに対して行われた方が楽だと感じる人もいるかもしれませんが、集団面接でのポイントは、あなたが話をする内容だけでなく、あなたが話していない時にどのように人の話を聞いているかという姿勢などの部分も見られているので、自分の話だけで頭がいっぱいいっぱいにならないのが大事なポイントです。

集団面接では、公務員試験に限ったことではありませんが、同じ質問を複数の人にしていきます。基本的にランダムにあてていくため、当てられる順番によっては自分が答えようと思った内容を先に言われることもあります。このような時に焦ってしまう受験者の方は多いのですが、同じ内容をいってはいけないと言う事ではなく、そのような時でもあなたの言葉できちんとあなたの考え方を相手に伝えられるかが重要になります。

もうひとつアドバイスとして、自己アピールの際は、民間企業の営業職と違って自己アピールや個性をそこまで重視するわけではありません。
どちらかというと、きちんと採用担当者の方と会話ができるかということの方が重要になります。つまり聞かれた内容に対して話をすりかえて答えたりあやふやに答えたりするのは一番NGなことです。相手の意見をきちんと聞いているかを見られていますので、質問された内容の的から外れないように心がけるのが大事です。

面接試験対策


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く