サイトイメージ

面接試験の傾向

面接試験は第一次が合格した人に対して行われる試験で、一般的に個別面談形式を取っているところが多いです。その際1人の受験者に対して数人の担当者が立ち会って行われます。

面接試験で必ず聞かれる内容は、志望動機です。特に第一次試験の教養・論文・専門などの試験では広範囲なところが出題される為、受験者の中には第一次の対策だけで対策を十分に行っていない人も目立ちます。確かに第一次が合格していないと第二次という土俵に立つ事はできないのですが、侮っていると痛い目にあってしまうので十分に対策をしておきたいところです。
志望動機については後述しますが、時間がなくとも志望動機だけは、しっかり答えられるようになっておきたいです。ポイントは、志望動機以外に聞かれる自己PR、これまでの経験(学生や社会人の時の)とリンクして(筋がつながるように)話すことができれば説得力もでてきます

面接試験は、個別形式以外に集団で行われるケースもあります。これは第一次に合格した人が多い場合、第二次集団で行われ、その後第三次で個別という形を取るケースです。
これは数人3〜5人程度(実施機関、自治体によって異なる)の受験者を集め、そこで受験者一人ひとりに質問を投げかけながら話を進めていく形式です。

従来は、公務員試験の配点において第一次の成績の割合が高い傾向がありましたが、最近では、人物も重視され仕事で能力が発揮できる優秀な人材を選別して選びたいという傾向があります。
そのため、第一次が優秀な成績であったとしても担当者から、「この受験者は、ここで行う仕事に向いていない(何をやるかもわかっていない・志望動機が不明確すぎる)」などと思われてしまえば、ばっさりと切り落とされてしまうこともあるので注意が必要です。対策については次章お話したいと思います。

面接試験対策


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く