サイトイメージ

面接試験対策

記事一覧
  • 面接試験の傾向
  • 集団面接を行う自治体
  • 面接対策は自治体研究
  • 面接試験の傾向

    面接試験は第一次が合格した人に対して行われる試験で、一般的に個別面談形式を取っているところが多いです。その際1人の受験者に対して数人の担当者が立ち会って行われます。

    面接試験で必ず聞かれる内容は、志望動機です。特に第一次試験の教養・論文・専門などの試験では広範囲なところが出題される為、受験者の中には第一次の対策だけで対策を十分に行っていない人も目立ちます。確かに第一次が合格していないと第二次という土俵に立つ事はできないのですが、侮っていると痛い目にあってしまうので十分に対策をしておきたいところです。
    志望動機については後述しますが、時間がなくとも志望動機だけは、しっかり答えられるようになっておきたいです。ポイントは、志望動機以外に聞かれる自己PR、これまでの経験(学生や社会人の時の)とリンクして(筋がつながるように)話すことができれば説得力もでてきます

    面接試験は、個別形式以外に集団で行われるケースもあります。これは第一次に合格した人が多い場合、第二次集団で行われ、その後第三次で個別という形を取るケースで ・・・

    面接試験の傾向 の続きを読む

    集団面接を行う自治体

    集団面接を行う自治体もあります。個別面接が受験者ひとりに対して行われるものに対して、集団面接は受験者3〜5名程度(実施する自治体によって異なる)に対して行われます。
    集団面接は、第一次試験合格者が多い時や、受験者数の多い自治体などで行われるケースがあり、そのような場合、第一次試験で教養試験などのテストを行った後に、第二次試験に集団面接で受験者数をさらに絞って、最終的に第三次試験で個別面接を行うというケースが一般的です。

    複数の受験者に対して一斉に行われる為、個別とは異なる緊張感が集団面接にはあります。人によって自分ひとりに対して行われた方が楽だと感じる人もいるかもしれませんが、集団面接でのポイントは、あなたが話をする内容だけでなく、あなたが話していない時にどのように人の話を聞いているかという姿勢などの部分も見られているので、自分の話だけで頭がいっぱいいっぱいにならないのが大事なポイント ・・・

    集団面接を行う自治体 の続きを読む

    面接対策は自治体研究

    面接対策の近道は、自分が希望する職場がどのような活動を行っているかを具体的に知り、その地域の現状を知ることで、志望動機や自己PRをしっかり固めることです。

    面接の時に問われる資質というのは、社会人としての適正とあなたが希望する職場に適合する人材かどうかがです。
    そのため、どうしてもこの二つの対策だけに目がいってしまいがちですが、根本部分にあるのは志望動機と自己PRです。この部分の対策を行っていないとその後に続く社会人としての適正や職場適合などの質問で説得力がないものとなってしまいます。
    例えば、面接中に積極性や表現力も見られている部分です。ここの職場で働きたい理由や職場での仕事内容を調べてきていない(分かっていない)人が、果たして意欲のある積極的な人としてとらえられるでしょうか。何を今取り組んでいるのか全く知らない人と一緒に働きたいと思うでしょうか。
    職場の研究対策をしっかり行っていなければ、担当者から何を聞かれるかおどおどしてしまい、そういう気持ちは立ち振る舞いにも出てしまいます。

    面接中にアピールすることも大切ですが、自分の性格を強くアピールするのではなくて、これまでの経験と合わせてどのように役に立つことができるかをアピールした方がいいで ・・・

    面接対策は自治体研究 の続きを読む


    公務員転職お勧めサイト

    イメージ

    ランキング1位 スカウト機能が充実
    リクナビNEXTはお勧めNO1
    リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
    実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

    ⇒詳しい説明を読む
    ⇒リクナビNEXTのHPに行く