サイトイメージ

給与平均や休職

記事一覧
  • 平均給与
  • 休職時の給与
  • 平均給与

    平均給与について、公務員への転職を考えている人にとっては、興味深いかと思われます。
    人によって平均給与が高いというイメージを持っている方も、反対に低いというイメージを持っている方もいると思います。実態はどうなのでしょうか。

    まず、本題に入る前に公務員の場合、「給料」といわれる部分が一般的に世間で言われるところの基本給にあたります。そして給与はこの給料部分に住宅手当や残業手当となどを加えたものをいいます。
    そのため、給与は人によって異なる傾向があります。給料部分に関していえば俸給表といわれるものに記載されているので、どれだけお金をもらっているのか国民が確認できるようになっています。

    では、もらっている給与が多いのか少ないのかに関して、公務員は、民間の平均給与を参考に算出されますので全国的に見ても民間企業の平均と対して変わりません。また初任給の場合も全国的に平均的な水準だといってもいいでしょう。
    ただし、地代などの物価が高い東京などの首都圏では、地方と比べると高くなる傾向があります。物価に関係しますが、政令都市の国家公務員と地方自治体の差がかなり開くケースもあります。これは民間の企業でも同じですね。
    東京の場合、大卒程度であれば初任給が20万円程度、高卒程度であれば1 ・・・

    平均給与 の続きを読む

    休職時の給与

    公務員が休職する場合、年次休暇と言われる年次有給以外にも休職理由は様々あります。例えば病気やけがによる休職、産前・産後のための休職、結婚による休職、家族や親戚がなくなったときの休職、家族の介護が必要な時、ボランティアによる休職などです。

    公務員は、年次有給休暇以外にも上記の条件に当てはまった時に休暇として利用できるよう認められ名目が付けられています。例えば病気やけがといった病気休暇、産前・産後・結婚・出産・忌引・ボランティアなどの特別休暇介護休暇といった名目です。
    民間と比較した場合、かなり休暇制度が充実しており、1年間にもらえる有給休暇20日間を使いきらなかった場合翌年まで持ち越すことができます。つまり、仮に有給を持ち越した場合は周りで働く人たちが許可してくれれば最大で40日間の有給を取ることができるということです。

    公務員の休暇制度は充実しているのは事実ですが、楽してお金をもらうという発想では公務員は務まりません。
    1年のうち1ヶ月以上を有給として取ることはできるのですが、実際に40日間フルに取る人はほとんどいず、平均的におおよそ10日くらい程度しか取らないのが現状です。周りで働く人たちが世間の目以上に、国民の税金で食べているという意識が強いのもありますが、有給を使い切らない(使い切れない)理由は、実際のところ忙しくて休暇を取れないという現実も ・・・

    休職時の給与 の続きを読む


    公務員転職お勧めサイト

    イメージ

    ランキング1位 スカウト機能が充実
    リクナビNEXTはお勧めNO1
    リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
    実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

    ⇒詳しい説明を読む
    ⇒リクナビNEXTのHPに行く