サイトイメージ

団体職員の求人の探し方

よくアンケートの職業の記載欄や選択などに「団体職員」というものがありますね。この団体職員をは何をするものなのでしょうか。
一般的に言われる団体職員とは、公務員に準じる存在であり、公益活動を行っている団体の職員になります。その中でも、話題になるのが、省庁、お役所の「外郭団体」がありますね。天下り先ということであまり評判のいい報道のされ方をしないことも多いですが、非常に重要な仕事を行っている団体も数多くあるのです。そのような団体で働く団体職員へ転職するのはどのようにすればいいでしょうか。

まず、そのような団体の求人募集がどのようになっているのかを確認する必要があります。それは団体の公式サイトで確認が出来るのではないでしょうか。このような団体職員の求人を探す場合、大手の求職情報サイトであるリクナビなどを利用するのも一つの方法ですね。

リクナビであれば、希望する職種として団体職員を指定して検索すれば、それに該当する求人情報を見つけることも可能だと思います。公務員・団体職員は同じカテゴリーに入っていて常にいくつかの求人情報が告知されています。勤務希望地域の絞り込みもできますので、非常に便利です。

また、リクナビでは、検索だけではなく、希望の職種のメールを受け取ることも出来ますので、このサービスを利用することで効率よく求人情報を集め、団体職員への転職を目指すという方法をもあります。このようなサイトを有効に利用していくのも転職成功の秘訣ですね。

求人情報の収集方法


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く