サイトイメージ

教師の求人情報

学校の教師に民間の教育以外の他職種から転職するというケースは最近は多くなっています。
これは公務員の組織全般で民間の生きたノウハウを入れていこうとする大きな動きの一環といえます。教員試験を受けるためにはまず、教員資格を持っていることが前提になります。社会人になってからその資格をとって、それから教員を目指すというのは、かなり道のりが遠い気がします。教員資格を持っていない人の場合は「特別免許状制度」という制度で受験資格ができますが、各自治体の行う教育職員検定に合格しなければなりません。これは民間の他職種で優れた業績があると認められた人が対象になります。

教師への転職を目指す場合は、とりあえず教員資格をもっていることが有利になります。その上で、各自治体の採用試験を受験することになるのですが、そう簡単に合格できるほど易しくはありません。やはり、教員への転職を成功させるなら、きちんとして教職を目指す予備校に通うか、通信教育を受けるなりする方がいいでしょう。独学での合格はかなり困難であると思います。

また、教員採用試験、教職の臨時採用などの情報は求人情報サイトに掲載されていることがあります。自治体のサイトと合わせ、大手の求人情報サイトや、教員専用の求人情報を扱っているサイトなどで情報を収集することも大切なことになります。

教員採用試験は、現役の学生でも狭き門です。転職を成功させるならば、社会人経験者を募集しているような臨時の求人情報をキャッチするなど、広くアンテナを広げておく必要があるかもしれません。求人情報に関する間口も大きく開けておくことが転職成功のチャンスを広げることにつながります。

教師になる


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く