サイトイメージ

教師になる

記事一覧
  • 教師の求人情報
  • インストラクターから教師へ
  • 教師の求人情報

    学校の教師に民間の教育以外の他職種から転職するというケースは最近は多くなっています。
    これは公務員の組織全般で民間の生きたノウハウを入れていこうとする大きな動きの一環といえます。教員試験を受けるためにはまず、教員資格を持っていることが前提になります。社会人になってからその資格をとって、それから教員を目指すというのは、かなり道のりが遠い気がしま ・・・

    教師の求人情報 の続きを読む

    インストラクターから教師へ

    インストラクターなどの職についている人は、人に何かを教えるという点で、学校の教師に似た部分があると思います。
    塾の講師やスポーツクラブなどのインストラクターをやりながら公務員である学校の教員を目指している人も多くいます。実際に、私の学生時代のアルバイト先でも、英会話のインストラクターをしながら教員採用試験を目指して勉強している人がいました。その人は見事に転職を成功させて教員になることができました。

    学生時代に教員を目指していて、それが叶わなかった場合に、人を教えるということと、全く関係のない他職種の企業に就職するよりも塾講師やインストラクターなどの人に何かを教えるという職業についておくことは、教員を目指す上で大きなプラスになると思われます。

    実際に、私は学生時代にアルバイトで塾の講師もやっておりましたが、教員を目指している人はかなりいました。また、私自身も、教育学部出身ですが、教育実習ではかなり水準の高い授業ができ、高評価をもらったことを覚えています。やはり、塾で鍛えられた人への接し方というのは、教員になっても通じるものがあると思います。これは、人を教えるという意味でインストラクターも同じでしょう。他職種からの転職よりもその点では半歩くらいは、転職成功に近い位置にいるのではないかと思います。

    このような、職業は求人サイトでも教員、講師、インストラクターと同じカテゴリーになっていることが多いです。それだけ、仕事を行う上での要求される資質 ・・・

    インストラクターから教師へ の続きを読む


    公務員転職お勧めサイト

    イメージ

    ランキング1位 スカウト機能が充実
    リクナビNEXTはお勧めNO1
    リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
    実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

    ⇒詳しい説明を読む
    ⇒リクナビNEXTのHPに行く