サイトイメージ

民間から転職時のハードル

民間企業から公務員へ転職する場合にいくつかのハードルが存在します。
まずは年齢制限です。公務員採用試験を受けるには、年齢制限をクリアしていなければいけませんので、退職を考える場合は、30歳を前に考えるのが一般的であるといえます。地方公務員を中心に年齢制限の枠は広がってはいるものの、大学入試と違い、1度受けて落ちた場合、同じ自治体の試験に次に受かる可能性は低いようですね。千葉県市川市のサイトにはオブラートに包んだ言い方ですが、その点が指摘されています。自治体のQ&Aサイトなどは参考になるので、目を通しておくのはメリットがあるでしょう。民間から公務員へそれほど簡単なものではないのです。

そして、民間から公務員への転職で次のハードルとなるのは、学科試験ですね。一般的に文化系、理科系の試験とも、高校卒業程度の一般教養を求められます。民間企業に勤務して何年もたってしまうと、記憶系の教科などはすっかり知識が抜け落ちているでしょう。

そのように、民間企業に勤務して長くなり、学科に自信が無くなった人は、退職を考える前に、まずどのように試験対策の勉強をしていくのかしっかりと計画をたてておくべきです。本当に自信が無い人はやはり公務員系の予備校に通うことを検討すべきでしょう。このような公務員系の予備校には、転職のコースを設置してあるとこともあります。試験対策や勉強の方法など、講師からしっかりと学ぶことができるのが大きなメリットです。勉強をどうするか無目的であるより、しっかりした講師の元で公務員への転職を目指す方が成功率は当然アップします。

参考意見


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く