サイトイメージ

不況下の転職先

リーマンショック以降の不況は回復しつつあったものの、東日本大震災によって一気に雇用情勢は悪化し、不況感が漂う世の中となっています。実際に数値を見ると、深刻な不況というわけでもなく、求人倍率は以前の水準に戻りつつあります。
しかし、民間企業における閉塞感と、徹底した競争、合理化によって、民間企業の体質に嫌気がさし、転職先として公務員を目指すという人も多くなっています。

不況自体は、雇用確保という名目で、社会人採用を行ったり、年齢制限枠を無くすなどの動きを見せ、転職先として公務員を選びやすい環境はできてきています。しかし、仕事先を選ぶならば、その仕事が本当にやりたい仕事であるのか。そして今まで積み上げたノウハウが生かせるのかどうかという点は非常に重要なことになります。

ただ、「公務員」という言葉だけで、転職先として希望するのではなく、それはどのような仕事して、その仕事にはどのようなノウハウが必要であり、それは今の自分が生きるのかどうかを考える必要もあるかと思います。希望するのは間違いではないですが、安易な理由で希望しても、成功は難しいと思います。

仕事先を考えるならば、公務員に限らず、本当に自分が出来る、自分のやりたい仕事が何であるのかを真剣に考え、その上で公務員を選択するということでなければ、転職の道は相当険しいものになるでしょう。民間の競争や厳しさが嫌だからという逃げで公務員になれるほど甘いものではありません。

不況の中本当にしたい仕事


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く