サイトイメージ

目指すは不況下で必要とされる人材

不況により、民間企業のリストラや倒産も少なくないのが現状です。
その中で、30代前後の人たちが会社を辞めて転職を目指していく理由というのは、まず将来に対する不安というものがあります。この先この会社に居続けて大丈夫なのか?という不安を感じることは多くの社会人が経験するものだと思います。

そして長引く不況の中で、民間の雇用悪化をカバーする形で公務員が中途採用などの枠を広げて、より社会人から公務員を目指しやすい環境を作りつつあります。地方自治体によっては、年齢制限を撤廃して、普通の採用試験を何歳でも受けられるようにしているところもあります。この流れの中で、転職先として公務員を目指していく人が増えているといいます。しかし、公務員への転職を希望したとしても、そう簡単に転職が成功するほど甘くはないのが現実です。

公務員への転職を目指す場合に、まず相手の自治体や国の立場になって考えて見ることも必要でしょう。
そもそも、公務員側がなぜ民間の人材を採用し、民間のノウハウを欲しがっているのか?それは公務員が作る組織の改革のためです。そのための人材が欲しいので民間からの採用を行っているわけです。ですから、採用されるのは相手が期待するだけの仕事ができ、ノウハウをもった人材でなければならないということになります。
採用する側も、本当に仕事の出来る有能な人材なら民間側が離さないのではないかという、疑念の目で見ているという現実もあります。それを乗り越えて、希望している公務員への転職を成功させていくには、本当に相手側の必要と思える人材を目指さなければなりません。まず、どのような人材が望まれるのか、そのノウハウ実力が本当に自分にあるのかどうか、自分を知るということが転職成功の第一歩でもあります。

不況の中本当にしたい仕事


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く