サイトイメージ

中途採用の年齢制限

現在公務員の平均的な年齢制限の上限となっている年齢は35歳〜36歳くらいとなってます。とはいえ昨今の経済情勢の悪化に伴う雇用環境の低迷は、やや上向きなったとはいっても依然厳しいものがあり、そういった経済情勢の悪化が圧力となり、中高年の雇用確保を目的とし、年齢制限撤廃、緩和の動きが出てきています。

その中で、代表的な例としては神奈川県横浜市や千葉県市川市が挙げられます。横浜市では2008年から、市川市では2004年から年齢制限を事実上撤廃しています。定年退職年齢の60歳の直前である59歳まで受験が可能となっています。実際に50歳を超える新職員の採用もあったようです。その他にも山形県では2008年から県職員の採用年齢制限を40歳未満としています。

ただし、このような年齢制限の緩和や拡大の動きは進んでいきます。しかし、当然のことながら公務員試験は大人気です。例えば市川市の採用試験のQ&Aには、前年落ちたが、再受験可能ですか?という質問に対し、人物重視であることをご理解くださいというような、婉曲的に1回落ちたらチャンスはありませんよという意味合いに理解できるようなことが書かれています。

実際問題、地方公務員などでは、試験の他にもそのコネが必要であることは、昔からよく指摘されていることです。試験も簡単なものではありませんが、それ以上に何もコネがない状態の受験は自治体によっては難しいかもしれません。そのあたりの情報などは、ネットなどの情報を収集し判断していくしかないと思います。

中途採用の募集と年齢制限


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く