サイトイメージ

30歳代以上の再チャレンジ

再チャレンジという言葉は聞いたことがあるでしょうか。再チャレンジとは国家公務員中途採用者試験制度のことで、30歳代の人を対象に平成19年に設けられた制度のことをいいます。

再チャレンジ制度が実施されるまでは国家公務員になるためには年齢制限があり、その年齢上限は28歳前後まででした。そのため、30歳代を過ぎると国家公務員になれないという現実がありました。
確かにこの再チャレンジができてからは30歳以上でも国家公務員になれるようになったものの、受験資格の対象者が広く、30歳以上であれば学歴や職務経験に関わらず、例えばニートであっても受験することは可能です。
そのため、幅広い人たちにチャンスが与えられる一方、地域によっては極端に採用枠が少ないため、応募者に対して採用者が極めて少なくなる傾向がありますので注意が必要です。
再チャレンジ制度で採用された人は技術系、皇宮護衛官、刑務官、入国警備官などの職種を選ぶことができます。試験対策としては国家三種とほぼ同じくらいの学力が問われますので、国家三種の試験対策を行う必要があります。

また、混同しがちなのが、平成18年に導入した国家公務員経験者採用システムも30歳代での受験は可能になりますが、再チャレンジとは全くの別物で、再チャレンジが、国家三種とだいたい同程度の対策で学歴経験を問わないのに対して、国家公務員の経験者採用システムは極めて高度な職務経験、資格、学歴を持つ人が対象となります。

30歳代からの再チャレンジ


公務員転職お勧めサイト

イメージ

ランキング1位 スカウト機能が充実
リクナビNEXTはお勧めNO1
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く